僕のブログ奮闘記。(30日編)

こんにちは!いたるです!

今日はブログを始めてちょうど30日目なので、続けてきた結果、今悩んでること、周りの意見、これからの展望などを書いていこうと思います!


f:id:itarumiki:20180118221817j:image

 

30日続けた結果

12/18に「成功支援ブログ!」を始めてから今日で一ヶ月がたちました!誕生日以外は毎日記事を書き続けていて、我ながら頑張ってると思います笑

始める前はどーなるか全く予想していなかったんですけど、思っていたより全然楽しく、毎日エンジョイしながらブログを書けてます!

一応数字としての結果を報告すると、30日間の合計アクセス数が3723、読者が60人まで増えました!いつも読んでくださってる方ありがとうございますm(__)m


f:id:itarumiki:20180118221810j:image
 

ここにくるまでのミニ挫折

まぁただこの短い間続けるだけでもそんなに簡単じゃなかった。途中で悩んだことや今現在悩んでることをぶちまけます。笑

まずは、年末年始の急激なアクセス数の減少。てっきり「年末年始はみんな暇だし見てくれる人増えるかも!」と思ってたんですけど、逆に急に減って焦りました(笑)1日200pv位だったのが、100いかなくなり、記事が悪いのかなぁ…と心配してました。

そして最大の壁。成人式の同窓会での容赦ない煽り!ある程度は予想してましたが、時折くるガチ批判にガラスのメンタルは傷付きました(笑)

「お前のどこが成功者だ」「シンプルにやってる意味あるの?」「危ない思想にでもはまった?」など色々言われました(笑)

わりとショックだったのが、毎回コメントしてくれていた高校生の読者が実はクラスメイトだったこと!笑(まんまとやられた)


f:id:itarumiki:20180118221926j:image

 

今現在の悩み

一ヶ月たってみて悩んでいるのは、アクセス数の伸び悩みと他のこととの両立の難しさですね。

アクセス数は一時期は1日250を越えていましたが、最近は100-150くらい。最初面白半分で見てくれていた友達が段々飽きてきたのかな?(笑)

逆に知らないブログ上の読者が増えたのはすごく嬉しいです!これからもっと面白く役に立つ記事を書いていこうと思います。

他の用事との両立も結構大変です!特に今はテスト期間なので1日1時間かかるブログはそこそこ負担に(笑)

サークルに課題、バイトに行事と意外と忙しい生活を送ってるので、上手く両立していくのはこれからの課題ですね。

 

これからの展望

さて一ヶ月試行錯誤しながら続けてきたブログですが、これからも継続していくつもりです。

多くのブログの本に書いてあるのは、まず3か月毎日書き続けろ、ということ。自分の個性が見えるのも、検索エンジンでヒットし始めるのも3か月たったくらいらしいです。

なので大体100記事に到達するまではとりあえず頑張っていこうと思ってます!

テスト期間を乗り越えれば春休みです!春休みはチャリ旅やアメリカ留学、サークルの大会など盛りだくさんなので、より面白い記事が書けるかなー笑

Google解析やSNSとの連携、デザインの工夫などブログそのものも進化させていこうと思っています!
f:id:itarumiki:20180118222115j:image

(この写真もよく煽られます笑)

 

お客様の声

最後に沢山聞かれる質問や意見の中からよく聞かれるものに答えていきます!

やっぱり読者=お客様=神様なので。お客様の声は大事にさせていただきます笑



f:id:itarumiki:20180118222344j:image

  • なんでブログ始めたの?

これ一番聞かれますね。全部記事にしてあるので読んでください笑

http://success-support.hatenablog.com/entry/2017/12/27/225221

  • どのくらい儲かってるの?

今の段階では収益は0です。とりあえず100記事行くまでは広告などに手を出す予定はないです。100記事いってから考えます笑

  • ネタ切れしないの?

ネタ切れは全然しないんですよね。ブログのために毎日なにかにチャレンジしようと思うし、その結果書くことも増えるっていう好循環が起こってます!ブログを始めたことで前より毎日が充実するようになりました笑

  • お前のどこが成功者だ

これも煽りの中では一番多いです(笑)自分が成功してるなんて思ってない!こっから成功したいとは思ってるけど。笑

  • 宗教でも始めるんですか?

始めません。偏見がすごい。

 

まとめ

今日は1か月段階でのブログの途中報告をしました!

達成感や嬉しいこともあれば、批判や悩みもありました。ただ新しいことを始めるのはやっぱりいいですね!楽しいから!笑

これからも色んなことがあると思いますが頑張っていきます!

応援よろしくお願いしますm(__)m

 

以上、「僕のブログ奮闘記(30日編)」でした!

最後まで読んでいただきありがとうございました!

 

 

 

 

社会に貢献するために学生にできる5つのこと。

こんにちは!テスト前日なのにもう逆に余裕をなぜか感じているいたるです!笑

今日のテーマは「学生にできる社会貢献」。

大学生はもう社会の一員、ということを二十歳になってみてさらに意識するようになりました。

社会問題は関係ないこと、大人がやってくれていることではなく、自分達が参加して変えていくものだという認識をすべきだと思います(僕も含めて)

というわけで今日は、大学生が今からできる社会への貢献の仕方をまとめます!

これを参考に自分ができることを考えて実践してみて下さい。

 

募金する

直接社会に貢献できて、一番手軽なものに募金があります!

ユニセフ募金や赤い羽根募金、震災復興募金など、町中やコンビニで簡単にできます。

募金をする人には自分にもお金がついてくる、というのは色んな本で目にする言葉です。

欲しいものは人に与えることでもらえるという鏡の法則ってやつですね(理論的には説明できませんが笑)

ひとつ注意すべきなのは、自分が寄付する募金活動についてきちんと調べること!どういう活動に使われていて、どのくらい信憑性があるかは知っておきましょう。
f:id:itarumiki:20180117215408j:image

 

ボランティアに参加する

直接社会に関われるものでより実践的なものにボランティア活動があります!

国内でも海外でもボランティアは募集しています。直接人の役に立てることに加え、知識や経験も身に付けることができます。

僕は海外ボランティアと教育ボランティアに興味があるので、今後積極的に参加していこうと思います!

またボランティアとは少し違いますが、フェアトレード製品を買う、というやり方もあります。

フェアトレードとは、発展途上国の製品を適切な価格で買うことで途上国をサポートするシステムのこと。フェアトレードチョコレートなどが代表例です!

フェアトレード製品を買うことは一種のボランティア精神ではないでしょうか。

勉強する

直接的な社会貢献の形ではないですが非常に重要なのは、勉強して社会についてよく知ること。

社会にどんな問題があるのか、それに対してどのような取り組みが行われているかを正しく知ることで、将来自分が社会に関わっていく土台になります。

また勉強していく過程で、自分がどんなことに興味があって、どんな社会貢献ができるのかのヒントを得ることができます。

僕は国際問題に強い興味があるので、国際関係についてしっかり勉強して、将来国際問題の解決に貢献できるようになりたいです!
f:id:itarumiki:20180117215516j:image
 

イベントに参加する

途上国のスタディツアーや国内のフェアトレードイベントなど、社会貢献に参加している団体のイベントに積極的に参加しましょう

これは自分に言い聞かせている部分もあって、実際に体験してみないと分からないことが沢山あると思うんです。

僕が初めてカンボジアに行ったときも、座学で学ぶのとまったく種類の違う学びを、実体験を通して得ることができました。

実体験を通して知識や経験を得るのが一番身に付くし、それに加えボランティアは直接的貢献ができるという一石二鳥なものなんです。


f:id:itarumiki:20180117215639j:image
 

発信する

最後は、発信すること。

自分が体験したこと、勉強したことを周りに伝えましょう!今の時代はネットでの発信が色んな人に影響を与えます。

僕みたいにブログなどを通してもいいし、SNSで簡単に意見を述べるのでもいいと思います!

発信することで周りの人を動かしたり、新たな気付きを与えるきっかけになります。

僕は、facebookで流れる貧困問題の動画などに強い感銘を受けたことがあります。その動画が貧困や平和について勉強するきっかけとなりました。

僕自身も、様々な経験を通して感じたことや考えたことを、このブログを通して発信して、多くの人が社会問題に興味を盛ってくれるようにしたいです!


f:id:itarumiki:20180117221217j:image

 

まとめ

学生ができる社会貢献の方法についてまとめました!

記事を書いていて気付いたのは、自分自身もまだまだやっていないことが沢山あるな、ということ。自分で貢献の仕方を調べて記事にはしているものの、実際自分もやってないじゃん!ということに気づきました。

なので今後は実際に自分で社会貢献に参加してみて、それを基に経験談としての記事を発信していきたいと思います!

特に国際系や教育系のボランティアやイベントには積極的に参加していきたいです。

成功支援ブログというからには、社会全体の成功を支援する記事も書きたい!

なんて思ったテスト前日の夜でした。笑

 

以上、「社会に貢献するために学生にできる5つのこと。」でした!

最後まで読んでいただきありがとうございました!

 

 

 

 

誰でも簡単にできる節約術5選

こんにちは!迫るテストに焦っているいたるです!笑

今日は節約術についてです!最近僕がお金を貯めるために実践している5つのことを紹介します!


f:id:itarumiki:20180116102242j:image
 

 

お菓子をやめる

まずは最近始めたお菓子を食べるのを断つこと!ダイエットにもなるので一石二鳥です!

以前は1日に1つお菓子を買って食べていましたが、その出費が浮くようになりました。

1日100円計算でも月に3000円浮きますね、体にもいいのでお得。笑

 
f:id:itarumiki:20180116102259j:image

 

30分圏内なら歩く

30分程度ならわりと簡単に歩けますよ!笑

実家が最寄りから遠いので高校生の時はバスを使っていましたが、今は歩くようにしてます。

往復でバスは440円かかるので、440円×30日で13200円!この額が浮くのはでかいですね!

これまたダイエットにも健康にもいいのでチャレンジしてみて下さい!

 

食事はよくかんで腹八分に抑える

次は腹八分に食事を抑えること

またダイエット関連ですね笑。ダイエットと節約って共通してることが多いみたいです。

僕は食事をよくかんで食べるようになってからはすごく少食になりました。外食するときは一回あたり100円くらい浮いてると思います。

眠くならないのも大きなメリットかも!


f:id:itarumiki:20180116102359j:image
 

なるべく家でご飯を食べる

外食だと高くつくので家でご飯を食べましょう。

大学生になって外食する機会が増えましたが、まあお金が減ります笑。遅くなるとき以外はなるべく家でご飯を食べるようにしてます。

あと、昼は弁当を持っていくのがおすすめです!一食分まるまる浮きます!

 

二次会に参加しない

これは自分に言い聞かせている部分もあるんですけど、二次会に参加しないこと。笑

二次会一回行くだけで2000円くらいとびますよねー

僕は特にお酒が弱いので、二次会に行っても後悔することが多いです(ToT)

仲間と一次会を楽しむのはすごい好きなんですけど、そこで止めようと思ってます笑


f:id:itarumiki:20180116102631j:image
 

全部やったらいくら節約できる?

上に書いた5つの方法を全部実践したらいくら節約できるのか?僕の前の生活と比べて計算してみました!

お菓子1日100円×30日=3000円

バス1日440円×30日=13200円

腹八分1日100円×30日=3000円

外食減らす1日500円×30日=15000円

二次会行かない1回2000円×月4回=8000円

トータルでなんと42200円!僕の一ヶ月の収入に匹敵します笑

これが一年だと約50万円!1か月留学に行けますね笑

 

まとめ

今日は節約についての記事でした!

お菓子をやめる、歩く、腹八分、家で食事、二次会に行かないの5つがありました!

普段なあなあにお金を使うんじゃなくて、本当に行きたいものややりたいこと(僕なら海外経験など)にお金をためたいですよね!

僕も記事を書く途中で、1年で50万節約できると知って、もっと頑張ろうと思いました笑

 

以上、「誰でも簡単にできる節約術5選」でした!

最後まで読んでいただきありがとうございました!

 

病んでしまった時の対処法と予防法6選

こんにちは!いたるです!

今日はちょっと重い話です。笑

僕が中3の冬に病んでしまったトラブルと、それを解決した経験から、病みを予防する方法と、病んでしまった時の対処法を紹介します。
f:id:itarumiki:20180115173152j:image

 

「病み」は誰にでも可能性のある話

まず最初に、精神を病んでしまうことは大なり小なり誰にでも、そしていつでもなりうる可能性のある話だということを認識してください!

受験や就活、人間関係など、原因となるようなストレスは誰もが抱えるものです。

僕自身も普段はわりと活発な方だし、明るい性格だと思いますが(笑)、その時期には病みを経験することになりました。

僕の場合は1か月ほどで回復しましたが、それでも本当に辛かった。確実に人生で一番辛くしんどい経験です。

得意だった人としゃべることがとても怖くなり、勉強しようとしても全く頭に入らず、夜もろくに眠ることができませんでした。

しまいにはもう生きるのが嫌だ…となりかけました。重い。笑

 

病んでしまった時の対処法

では病んでしまった時はどのように対処すればいいのか。自分はもちろん、周りにいる人が病んでしまった時には次のことを思い出してください。

  • 誰かに相談する

まずは一番相談しやすい人に話してみること。自分が本気で辛いときは、人に話すことで気分が和らぎます。

僕はその当時は母親によく話を聞いてもらっていました。母がいなかったらどうなっていたかわかりません。本当に感謝してます。

  • 専門家に相談する

それでもなかなか良くならない、もう本気でしんどい。そんなときはためらわずに専門家(カウンセラーや医者)に相談することを強くおすすめします。

彼らは病んでしまった人に対応するプロです。必ず有効な対策をとってくれます。

僕は正直やばい状況だったので最後は彼らの助けを借りました。その後病んでいたのが嘘のように回復していきました。

専門家のところに行くのはちょっと…と思うかもしれませんが、かなり楽になります。

今では大学や高校にもカウンセラーなどがいる学校が多いです。気軽に相談に行っていいと思います!
f:id:itarumiki:20180115173334j:image

 

病まないための予防法

もちろん病む前に予防するのが一番です!僕は中3のその経験以降、病まない方法やストレスのたまらない方法について調べました。だってもう二度と経験したくないから。笑

その結果それ以降病む気配は全く無く、毎日楽しく過ごしてます笑

以下の方法を参考にしてみてください。

  • 一日の中にリラックスする時間を作る

どんなに忙しくてもリラックスする時間を持ってください。人は忙しいときには周りが見えなくなりがちです。一呼吸置く時間を取りましょう。

僕は大学受験で忙しいときも、1日30分は好きなマンガを読みながらおやつを食べる時間を作ってました。

  • 運動する

一番のストレス解消法は、やっぱり運動することじゃないでしょうか。軽い運動をするだけでも気分がスッキリします!また日中に運動することで夜ぐっすり眠れるようになります。

  • 日頃から相談できる相手を作る

対処法でも紹介しましたが、日頃の小さな悩みも相談できるような人がいるといいですね!

話を聞いてもらえるだけでも自分の中で整理がつくことが多いです。

  • 嫌なことを紙に書きなぐる

話を聞いてもらえないときは、紙が相手でもいいじゃないか。笑

嫌なことをひたすら紙に書くことで、自分の思考の整理がつくんです。ちょっとしたストレスや悩みがあれば紙に書いてみるのがおすすめ。
f:id:itarumiki:20180115173446j:image

 

まとめ

今日は「病み」について書きました。

正直この経験をカミングアウトするかは相当迷いましたが、同じように辛い経験をする人の助けとなればいいなぁと思いこのテーマにしました。

今楽しく過ごしている人も、他人事だと思わず、自分にもいつか起こるかもしれないことだと認識してほしいです!

 

以上、「病んでしまった時の対処法と予防法6選」でした!

最後まで読んでいただきありがとうございました!

 

 

 

 

陸王と川崎フロンターレに学ぶ、成功のための重要な1つの法則

こんにちは!小さい頃から涙もろさでは定評のあるいたるです!笑

今日も朝から録画していたドラマ陸王と、川崎フロンターレの優勝試合を見て泣いてしまいました(T_T)

そのことはおいて、この2つのストーリーには、成功のための重要な法則が隠れていると思います!

それは「最後まで諦めない人だけが成功を手にすることができる」ということ。

 

諦めずに試行錯誤し続けること

諦めずに試行錯誤をしながら努力し続けること。このことの重要性を2つのストーリーが教えてくれます。

まずは陸王。小さな足袋屋がランニングシューズを作る話と、怪我をした選手が再びマラソンで活躍する話が組合わさったドラマです。

ドラマの中では、会社の経営危機やライバルの圧倒的な活躍など、何度も目標を投げ出してしまうほどのピンチが訪れます。

しかし足袋屋と選手は決して諦めずに試行錯誤を続け、最後に足袋屋のランニングシューズを履いた選手がレースで優勝を勝ち取ります。
f:id:itarumiki:20180114105732j:image

こういう劇的な展開はフィクションだけじゃないんです。現実にもドラマがあります。

次に紹介するのはサッカークラブの川崎フロンターレ

知っている人もいるかもしれませんが、川崎フロンターレは「シルバーコレクター」と呼ばれていて、決勝まではいくが優勝はしたことがないチームでした。

初優勝を目指す今季も苦しいシーズンでした。ACLでは浦和に大逆転負けを喫し、カップ戦でも決勝でセレッソ大阪に敗戦。またも準優勝という結果になりました。

リーグ戦でも首位の鹿島と勝ち点差は最大で8あり、この試合で勝たなければ優勝が消える、という試合がいくつかありました。

それでも今季の川崎は最後まで諦めませんでした。サポーターの僕はカップ戦で負けたときに正直リーグも無理だと思ってしまいましたが、選手たちは優勝を信じていました。

勝たなければ優勝が消える試合を勝ち続け、最終戦で遂に逆転。初優勝を成し遂げました!
f:id:itarumiki:20180114105757j:image

このように諦めずに最後まで走り続けることで彼らは成功を手にすることができたわけです。

 

諦めないのは簡単なことではない

「最後まで諦めるな」って、むちゃくちゃ月並みな言葉ですけど、口で言うほど簡単なことじゃないですよね。てかむしろものすごく難しいことだと思います。

例えばプロスポーツ選手になりたい人は大勢います。でもほとんどの人がその夢を諦めてしまいます。

受験だってそうですよね。自分の実力がなかなか上がらず、志望校を下げてしまう人は大勢います。

大学生だって同じことが言えます。自分がやりたいことを見つけるのをやめて、周りと同じようにネームバリューで就活に挑むのは、諦めてしまうことの一例だと思います。

諦めるきっかけとなるのは、なにかしらの壁にぶつかって、「自分には無理だ」と思ってしまうことなんです。
f:id:itarumiki:20180114105916j:image

 

挫折の後に成功が訪れる

ただ本当に成功する人達は、その壁を乗り越えていく人達なんです!

色んな自己啓発本や成功者たちが共通して言っているのは、成功する前には必ず挫折があるということ。

陸王の茂木選手だって怪我を乗り越えて優勝したわけだし、フロンターレだってカップ戦の敗戦のショックを乗り越えて優勝したわけです。

僕にもこれほど大きな成功ではないにしろ、似たような経験があります。それは受験で早稲田に合格する前に、第一志望だった大学に落ちていること。

当時は秋田県公立大学を志望していて、その受験が一番早く終わりましたが、結果は不合格。不合格通知をもらってから早稲田の受験までは2週間を切っていました。

当然早稲田の対策は遅れていて、浪人するプレッシャーとの戦いでしたが、最後まで諦めずに勉強し続けて、なんとか合格することができました!

大なり小なり、こうやって挫折を乗り越えた先に成功があるんだと思うんです。


f:id:itarumiki:20180114110031j:image
 

これから僕が乗り越えるべきこと

諦めないこと、と言いましたが、これからの僕にも当てはまることが沢山あります。

まずはこのブログ。続けていくにあたって、周りからの批判とか、アクセス数の伸び悩みとかいろんな壁があると思います。それらの壁を乗り越えて続けていくことで、周りに良い影響を与えるブログを作りたい!

そしてサークル。優勝したいと心底思ってますけど、その前には試合で負けたり、チームメイトとのすれ違いだったりがあるかもしれません。そのような挫折や悩みを試行錯誤して努力し続けた先に優勝が待ってると思います。

そもそも人生全体においても、多くの人を幸せにしたい、自分も成功したい、平和に貢献したいという夢がありますが、この夢の過程には色んな批判や課題、現実と理想のギャップ、挫折と悩みが待ち構えてると思います笑

それらを乗り越えて自分が本当に望む一生を送っていきたいです(スケールが大きくなってしまいました笑)

 

まとめ

今日は朝見た2つの録画番組に影響を受けて、「諦めないことの大切さ」について書いてきました。

挫折や悩みで諦めそうになっても、それを乗り越えてみな成功しているということ。

僕もこの先いくつも壁にぶち当たると思いますが、決して自分がやりたいことを諦めずに頑張ります!

以上、「陸王川崎フロンターレに学ぶ、成功のための重要な1つの法則」でした!

最後まで読んでいただきありがとうございました!

 

どこの大学に自分がいるかより、大学で自分がどうあるかが100倍大事だと思う

こんにちは!いたるです!

今日はセンター試験ですね。2年前すごく緊張していたのをものすごく昔に感じます(T_T)

受験生の時は、「目標の大学に入ること」しか考えていませんでしたが、今大学で2年間過ごして思うのは、「大学で自分がどうあるか」の方がよっぽど大事だってことですね。

 

大学は最後の貴重な自由時間

軽視されがちに思える大学の4年間ですが、僕は大学の4年間はこれまでの人生の中で最も重要な4年間だと思ってます。

なぜなら、大学生はやりたいことを見つけるために与えられた、社会に出る前の最後の自由時間だから!

小学校から高校までは、ある程度制約された時間の使い方を強いられるものですよね。勉強や部活というやるべきこと、っていうのが存在してました。

でも大学生はずっと自由に時間を使えるようになります。親や学校の縛りは弱くなり、何でも自分で決めるようになっていきます。

逆に社会人になると、ほとんどの人に自由に使える時間はなくなってしまいます。

この自由に使える時間を有効利用しない手はない。
f:id:itarumiki:20180113185800j:image

 

やりたいことは今見つけるしかない

そんな大学生のうちに一番やるべきだと思うのは、「自分がやりたいこと」を見つけること。自分が将来何をしていきたいのか、何がやりたいのかを考えることができるのは大学生のうちしかないかもしれない。

これが分からないまま就職活動に臨んで、大してやりたくない仕事を一生やり続けるような人生は僕は絶対に嫌です!

社会に出る前の最後に与えられた大事な時間のうちに、なんとしても自分のやりたいことを見つけるんです。それが大学生の仕事だと思います。
f:id:itarumiki:20180113185852j:image

 

やりたいことの見つけ方

でもやりたいことを見つけるなんて無理じゃないか?どうやって見つけていいか分かんないじゃん!ってなりますよね。確かにやりたいことなんてそんなに簡単に見つからないと思います。

それでもやりたいことをみつけるための方法は、いろんなことに手当たり次第にチャレンジして、自分で体感する以外にない。

チャレンジの過程で、自分はこんなことが好きなんだ、こういうときに幸せなんだ、というのを肌で感じる。そうやってようやく見つかっていくものだと思います。

僕も実はやりたいことがめちゃくちゃ具体的なわけじゃないんです(笑)でも二年生になって、読書やブログ、教育ボランティア、サークルなど新しいことにチャレンジしまくって、ぼんやりとだけど自分がなにが好きかヒントは得られてきたと思います。


f:id:itarumiki:20180113190501j:image

 

自分次第で何でもできるのが大学生

やりたいことを見つけるためのありとあらゆるチャレンジができるのが大学生です!

チャレンジのための時間とチャンスが大学生にはあります。やりたいと思うことがあれば、自分次第で何でもできるのが大学生なんです。

大きな失敗をしても、大学生だからと笑ってもらえるのもこの期間だけ。

そしてそのチャレンジというのは、自分がどの大学にいようとできることなんです。それぞれの大学がそれぞれの機会を用意してくれてるし、万が一大学にチャレンジの機会がなければ大学の外に探しに行けばいい。
f:id:itarumiki:20180113190133j:image

 

 もちろん受験勉強は大事

大学なんてどこでもいいよ、ということを言いたいわけじゃないです(笑)一生懸命勉強して自分の行きたい大学を目指すこと自体一つのチャレンジだと思うし、受験に本気になれない人は大学で急に本気になることはできないと思います。

ただ僕が言いたいのは、大学受験で理想の結果じゃなかったとしても、自分次第でいくらでも大学生活を良くできる、ってことなんです。

だからもし受験生がこの記事を読んでくれてるなら、「受験結果が全て」「この受験に人生かかってる」みたいな風に思わないで、と言いたいです。深刻に受け止めずに受験に挑んでほしい。
f:id:itarumiki:20180113190201j:image

 

まとめ

今日は大学生がどうあるべきか、自分の考えを書いてみました。

もちろん違う意見の人もいると思うし、社会人になってみないと大学生の理想のあり方なんてわからないかもしれないです(笑)

ただ今大学のちょうど半分を折り返そうとしてる者の一つの考え方として受け止めてくれたらなぁと思います。

そして大学生は自分の大学生活をもう一度考え直してみてほしいです。

僕自身そんな大したことを成し遂げてる大学生じゃないので(笑)、もっといろんなことにチャレンジしていきたいと思います!

 

以上、「どこの大学に自分がいるかより、大学で自分がどうあるかが100倍大事だと思う」でした!

最後まで読んでいただきありがとうございました!

 

 

 

あなたの生活の質を大きく変える!おすすめの手帳の使い方。

こんにちは!20歳になって自分のお酒の弱さを実感しているいたるです!笑

今日は、「手帳の使い方」について書こうと思います!

みなさん普段手帳はどう使っていますか?スケジュールだけを書き込むものになっていませんか?

手帳の使い方一つで、生活の質さらに人生まで大きく変えていけるんじゃないか、というのが僕の持論です。

今までの僕の手帳の使い方と、「7つの習慣」で提案されている使い方がとても似ていたので、紹介していきたいと思います!
f:id:itarumiki:20180112124537j:image

 

大きな目標は絶対欠かせない

自分にとっての大きな目標を決めるのが一番大事です。前にも書きましたが、自分の人生にとって何がゴールか(どんな人になりたいか・どんな功績を残したいか)を考えることが全ての始まりです!

「手帳関係ないじゃん!」と思いますか?笑でもどれだけ手帳を効果的に使ったところで、自分のゴールが分からなければ全く無意味です。間違った道を出来るだけ速いスピードで走ってるようなもの。

7つの習慣」(スティーヴン・R・コヴィー、キングベアー出版)の第2の習慣は、「終わりを思い描くことから始める」というもの。

大きな目標が見えてきたら、それを手帳の一番よく見るページに記しましょう。

僕の場合は、後ろのページに大目標を2つメモしています。
f:id:itarumiki:20180112124707j:image

 

目標達成のための活動を書く

次に、大きな目標(もしくはより小さな目標)のためにするべき活動を書き込みましょう。目標達成のために、日頃から行えば大きな成果をもたらす活動を考えます。

これを手帳に書いて意識しなければ、周りに流されるままのスケジュールになってしまいます。

自分の生活は自分で作るものです!目標のためにできることをスケジュールに組み込むことで、生活を主体的に変えていけるんです。

あなたの時間の使い方は、あなたが自分の時間や優先すべきことをどうとらえているかで決まる。(「7つの習慣」スティーヴン・R・コヴィー、キングベアー出版)

僕は、各月のページの一番左に、その月に毎日やる活動のリストを作っています。
f:id:itarumiki:20180112124808j:image

後ろのメモ欄には生活を高める活動の記録を書く

手帳は各月のページに加えて、後ろのメモができるページをどう使うかが重要です!

普段の生活で自分が取り組んでいること、何か自分のためになることを記録しましょう。

僕の場合は、ブログのアイデア、ジムの活動の記録、サークルやゼミ内容、読書の中で自分が使えると思った内容のメモ、読みたい本のリスト、自分がやりたいことなどをまとめています。

これを定期的に記録し見直すことで、努力の過程やこれからやるべきことをはっきりさせることができます。
f:id:itarumiki:20180112124937j:image

 

すみに毎日意識することをメモする

最後におすすめするのは、ページのすみに毎日意識することをメモすることです!

何かしらの決意をしたり、自分の約束を作ることがあると思います。それをメモして毎日確認できれば、忘れずに実行できますよね。

僕の手帳の1月のページのすみには、「おかしをやめる」「本当に行きたいもの以外は行かない」「奨学金をとる」など、自分への約束が書いてあります。

これらのことは書かないと忘れてついつい意識の外に逃げちゃう時があるんです。笑

 

まとめ

今日はおすすめの手帳の使い方を紹介しました!僕の使い方を参考に、生活を効果的に高める自分なりの手帳を作っていってほしいです!

ちなみに手帳に頼りすぎるのも注意が必要かな?(こないだ無くしてすごく大変でした笑)

以上、「あなたの生活の質を大きく変える!おすすめの手帳の使い方」でした!

最後まで読んでいただきありがとうございました!